不当解雇を労基署(労働基準監督署)に相談する際の注意点

賃金が未払い、残業代を払ってくれない、不当解雇だ、などの理由で労働基準監督署に駆け込む人がいるのですが、労働基準監督官は「労働基準法」違反の証拠が無いと動く事ができません。 労働基準監督署の権限と限界 労働基準監督署はその名前の通り、労働基準法の番人で法律(労働基準法)が守られているかどうかを監督す 続きを読む 不当解雇を労基署(労働基準監督署)に相談する際の注意点

納得できない不当解雇を弁護士に相談するメリット

日本は聖徳太子の時代から「和をもって貴し」のお国柄で、争いを好まない民族です。そのようなお国柄も関係しているのでしょうか、人々は訴訟を避けようとするし、ましてや弁護士を活用するという考えを持っている人は少ないです。 自分中心の考えを持つ経営者は従業員を物として見ている為に、都合が悪くなると解雇しよう 続きを読む 納得できない不当解雇を弁護士に相談するメリット

不当解雇で裁判をおこす方法

世間で行われている解雇を細かく分析すると不当解雇は表にでる数字よりも多いのではないでしょうか。それは使用者側が上手く立ち回り、本来は不当解雇であるが、自己都合の退職にすり替えてしまうからです。 使用者側が従業員を簡単に解雇できない仕組みになっているから、使用者側は、あの手、この手を使って従業員を説得 続きを読む 不当解雇で裁判をおこす方法

不当解雇で慰謝料請求する方法

経営者と労働者、力関係で人を雇用する側(経営側)が有利な立場にいます。資本主義の発祥の地、イギリスでも昔は労働側が不利な契約をさせられ、今で言う「不当解雇」が横行している時代でした。 現代社会は、その過去の歴史を反省し、労働者の権利を法律で保護してくれるようになりました。 正当な理由が無いと従業員を 続きを読む 不当解雇で慰謝料請求する方法

不当解雇とリストラの違いとは?

新聞やテレビで○○会社、1000人のリストラ発表という情報は良く見聞きします。さも単純に従業員を解雇できるという誤解を人々に与えます。簡単に従業員を解雇できるのなら、だれも安心して働く事はできません。 会社側はいろんな技を仕掛けてきますがリストラには抵抗しましょう 従業員を解雇するには誰もが「なるほ 続きを読む 不当解雇とリストラの違いとは?

ブラック企業の不当解雇と立ち向かう方法

ブラック企業とは最初から従業員を物扱いして大切に育てない、大量採用、大量「不当解雇」をする企業をいいます。従業員に長時間労働を強いて働かせて、文句を言うと解雇です。これは間違いなく「不当解雇」に当たります。 不当解雇は朝飯前のブラック企業 長時間労働はブラック企業の代名詞です。これは明らかな労働基準 続きを読む ブラック企業の不当解雇と立ち向かう方法

アルバイトやパートで不当解雇されそうになった際の対処方法

正社員、パート、アルバイト、身分に違いはありますが従業員を簡単に解雇することはできません。ある日突然、上司から「すまないが辞めてくれないか?」と言われたら、それは不当解雇になりますから、「はい分かりました、辞めます」と即答してはいけません。 答えは保留して「少し考えさせて下さい」と回答し法律の専門家 続きを読む アルバイトやパートで不当解雇されそうになった際の対処方法

よくある2つの退職トラブルパターンと解決方法

退職トラブルには2通りあります。会社側が解雇を言い渡して従業員が解雇に応じない場合(不当解雇の可能性が大きい)、従業員側が会社を辞めたくても会社側が引き止めて退職できない場合です。 退職トラブルその①会社側の解雇に従業員が応じない(というより不当解雇には応じられない)場合 従業員は会社を辞めねばばら 続きを読む よくある2つの退職トラブルパターンと解決方法

不当解雇は弁護士や行政窓口に相談しよう

企業の経営者にはいろんなタイプがいます。 お金もうけ主義で従業員を使い捨てにする経営者、従業員の家族の生活まで心配してくれる松下幸之助や出光佐三のような歴史に名をなす経営者まで千差万別、ピンからキリまでですよね。 運悪く前者のような使い捨てにされそうな人は同情に耐えません。 しかしおとなしく辞めるこ 続きを読む 不当解雇は弁護士や行政窓口に相談しよう