アルバイトやパートで不当解雇されそうになった際の対処方法

正社員、パート、アルバイト、身分に違いはありますが従業員を簡単に解雇することはできません。ある日突然、上司から「すまないが辞めてくれないか?」と言われたら、それは不当解雇になりますから、「はい分かりました、辞めます」と即答してはいけません。

答えは保留して「少し考えさせて下さい」と回答し法律の専門家(弁護士など)に相談して下さい。

従業員(パート、アルバイトを含む)の解雇は簡単にできない仕組みになっています

あのパートは「気に入らない、嫌いだから辞めさせる」は解雇理由にならず、不当解雇に当たります。法律違反(窃盗、恐喝など)や業務規則違反(不倫、会社の財産横領など)ハッキリとした理由が無い場合は「不当解雇」と判断できますから辞める必要はありません。

心優しい日本人はパートやアルバイトなら「辞めさせられても文句は言えない」と思い込んでいます。人を人とも思わない悪質な経営者はその心につけ込んで、都合良く人を採用し、不要になれば解雇(不当解雇)します。パート、アルバイトも立派な従業員ですから権利は堂々と主張すべきです。

会社の解雇理由を聞いてから辞めても遅くはない

経営者はパート、アルバイトが法律に詳しくない事を知っていますから、さも当然のように解雇を迫ります。パート、アルバイトが「辞めます」と言って退職願を書く事を待っています。不当解雇を自己都合退職にカモフラージュして辞めさせようと画策します。

不当解雇と判断して労働基準監督署に相談するのも良いですが、どちらかと言うと法律の専門家(弁護士など)に相談する方をおすすめします。労働基準監督署は使用者側に「指導」に入るだけで、個々の従業員は守ってくれません。

コメント投稿は締め切りました。