納得できない不当解雇を弁護士に相談するメリット

日本は聖徳太子の時代から「和をもって貴し」のお国柄で、争いを好まない民族です。そのようなお国柄も関係しているのでしょうか、人々は訴訟を避けようとするし、ましてや弁護士を活用するという考えを持っている人は少ないです。

自分中心の考えを持つ経営者は従業員を物として見ている為に、都合が悪くなると解雇しようと考えます。そんな場合の解雇通告は不当解雇の可能性が大きいですから、直ぐに解雇に応じてはいけません。弁護士など法律の専門家に相談してみて下さい。

弁護士事務所の敷居は高くないです

弁護士と相談する場合は労働問題の専門家を選ぶようにしましょう。法律の分野は幅広く、弁護士は全ての分野に精通はしてはいません。得意な分野がありますので、不当解雇の訴訟になれていて経験豊富な弁護士なら貴方を勝訴に導いてくれるでしょう

人間には相性があります、気が合う人、合わない人がいます。弁護士との相性もありますから貴方が相談し易いと感じる弁護士にお願いするべきです。いくら優秀な弁護士でも貴方と気持ちが合わないと良い訴訟になりません。

まずは相談です。知り合いに紹介してもらうか、インターネットで実績や専門性を良く調べて事務所に行きましょう。法律相談だけならそれほどお金もかかりません。

最初の相談から弁護士を活用しましょう

弁護士事務所の敷居が高いと感じたり、お金の問題があるなら「無料法律相談」を活用するのも良いのですが、いざ裁判とう段階になりますとやはり弁護士にお願いすることになりますから、不当解雇の裁判にする意思があれば最初からは弁護士にお願いした方が良いです。

経営者から突然解雇を通告されたら、不当解雇の可能性がありますから、まずは弁護士や法律専門家に相談しましょう。

コメント投稿は締め切りました。