これはセクハラ?と感じたの言動とは

「嫌だな」「会社に行きたくない」などと感じた時点でセクハラと考えて良い言動とはどのような内容なの?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか!
全てをセクハラと取ってしまったら誰とも会話できなくなってしまう事もありますが、明らかにコレは・・というような内容をご紹介したいと思います。

セクハラとされる言葉

「体形や顔」太っているね、痩せずぎだよ、など体に関係するような話は、その人が気にしている場合が多いです。内容を面白がって話すのはセクハラです。
「恋愛・結婚」一般的な軽い話ならしますが、そこまで聞くのはダメでしょ!って内容を聞いたり、子づくりの話などを根掘り葉掘り女性に聞くのも立派なセクハラです。
「女性特有の事を聞く」生理の事や年齢などの事を聞くのも失礼な話ですし、性的な話は避けるべきです。
「予定を聞く」社内での予定は全然把握として問題ありませんが、プライベートな私用の部分にまで突っ込みすぎるのはダメです。

セクハラとされる行動

「ボディタッチ」歓喜のハイタッチなどは仕事場でもみられますが、体への不必要なボディタッチはセクハラです。宴会などで無礼講などという言葉を良く聞きますが、業務の一環での宴会ですし、女性をホステス変わりに使うなんて行動もセクハラです。
髪の毛を触ったり匂いを嗅ぐ方もいるそうで、ゾっとしますね。立派なセクハラです。

セクハラになる言動の境界線ってなに?

「女性らしくないな」「胸元が開いていてセクシーだね」「彼氏と昨日頑張ったの?」「いい歳なのに」など仕事に関係ない話や性的な言動がセクハラとされています。

まとめ

コミニケーションをとる方法は普通の会話でも行えます。境界線が難しいかもしれませんが、固定観念に囚われた発言を控えれば回避出来る事なのではないでしょうか。

コメント投稿は締め切りました。