会社で解決できないセクハラ問題!専門家の弁護士に相談を

社内でのセクハラ問題は被害者の方も中々相談出来ず、心を痛めて退社なんて事もあります。会社にセクハラを解決できる窓口を設けるよう「男女雇用機会均等法」なども提示されていますが、実際にどれだけの会社に窓口があるのかは分かりません。
相談できる場所がないのが一番つらく弁護士に相談するにも費用の問題なども考えると無理と諦めている方が多いのではないでしょうか。
相談して決めても遅くはないですし、心に傷を追ったままでは何も解決しないのではないでしょうか。

弁護士に依頼した場合

・弁護士事務所などへ相談する
・依頼する(着手金や成功報酬、実費などかかる費用の説明を受けます)
・加害者、会社などへ内容証明郵便で通知がいきます(本人名義、弁護士名義)
・示談もしくは裁判へ

弁護士相談の費用

弁護士さんに最初に相談する時にかかる費用としては、30分5,000円が相場だと言われていますが、初回無料や依頼したら無料などのところもありますので、色々調べてみてもいいと思います。
相談してみて慰謝料の金額が分かってから依頼される方も多いそうです。
裁判までいきますと、弁護士費用はかなり高額になりますので、慰謝料以上にかかる事もあります。
〈相談料〉30分5,000円
〈着手金〉10万~20万円
〈内容証明郵便〉本人名義2万~3万円・弁護士名義3万~5万円
〈成功報酬〉慰謝料の15%~20%
〈実費分〉通信費や切手代などの費用
〈日当〉交渉に出かけたり、出廷したりした時にかかる費用

まとめ

弁護士に頼むなんてって思う方も多く泣き寝入りしている方の方が多いと思いますが、相談してみて慰謝料の相場を教えてくれますし、費用がどの程度かかるかも教えてくれます。金額でなく、泣き寝入りしたくないって時にも法の専門家に委ねてみてもいいのではないでしょうか。

コメント投稿は締め切りました。